50歳で早期退職し、セミリタイア!

私セイルは50歳で早期退職、セミリタイアしました!その思いを綴ります。

2020-09-01から1ヶ月間の記事一覧

ブログのアクセスアップ。SEOよりGoogle砲なのかも?(Google Discover)

セミリタイア後は、ブログで収益を狙おうという方もいらっしゃるかもしれません。 アクセスアップの手段として有名なのがSEO(検索エンジン最適化)ですが、今はそれよりもGoogle砲を狙った方がいいんじゃないかという話を書いていきます。 目次 先日、Google…

40代のキャリアの停滞。セミリタイアを選択肢に。

若くしてリタイアするというコンテンツが人気ですが、私はそのようなネタを持ち合わせていないので、アラフィフくらいでのリタイアを当ブログでの主要テーマにしています。 若くしてリタイアという華々しさはありませんが、それなりに需要があると思っている…

去年の今頃はリタイア前のラストスパート【後編】

退職前のラストスパートは相当にバタバタしたという話を、前編に引き続き書いていきます。 前編では、「9月の上旬に後任者と退職スケジュールが決まった」というところまで述べました。後編では、実際のラストスパートの様子を扱います。 目次 何年も前から…

去年の今頃はリタイア前のラストスパート【前編】

立つ鳥跡を濁さずと言いますが、退職後はどうでも良くなる会社であっても、自分がいなくなった後に仕事が回るよう、引継やら何やらしなくてはなりません。 通常業務の他に、これをやるのだから本当に大変。まさにラストスパートといった感じ。 今考えると、…

何もしないリタイア生活も板についてきた

正式にリタイアしてから早8ヶ月ほど、年休消化時期も含めると10ヶ月を超えます。コロナの件もあって、当初の想定以上に非アクティブな生活を送っています。 「何もしないリタイア生活」ですが、随分と板についてきて、遥か以前からこんな感じであったかのよ…

時間を蓄えて早くセミリタイアする、という発想

我々は、買い物のとき商品と価格を当然に比較しますが、「この商品を買うためには、どれ程の労働が必要になるか」ということはあまり考えません。でも、早期リタイア・セミリタイアするためには、有効な考え方かもしれません。 目次 自動販売機は是か?非か…

リタイア後2度目の住民税は自動引落し。キャッシュレシュでは痛みを感じないね。

先日、リタイア後2度めの住民税支払いがありました。 1度めのときは、その額の高さに溜息ついたものでした。 住民税の通知あり。給付金10万など軽く吹っ飛ぶ額に溜息 今回通知があった税額をハッキリ書くのは憚られますが、年額ウン十万円といったところで…

ジャパンライフ詐欺。小金持ちの労せず得したい心理に付け込んだか?

ジャパンライフ元会長が逮捕されたそうですが、驚くべきはその被害額。 ジャパンライフ元会長ら詐欺容疑で逮捕へ 被害総額2000億円か 高いもので数百万円する磁気治療器のオーナーになれば、そのレンタル収入によって年に6%の高い配当金を得られるとうたい…

リタイア年齢や目標金額の設定には悩ましい点がある

以前の投稿で、 48歳4ヶ月ならギリギリ完全リタイア可能という結論を得ていました。この段階でリタイアする選択もあったでしょう。 ただこの条件だと、趣味や楽しみのために使えるお金が少ない。結局、48歳5ヶ月め以降、50歳まで、ボーナスステージだと思っ…

リタイア後初めて仕事の夢。こんな悪夢を見るほどにトラウマが大きい

リタイアブログでたまに「仕事の夢を見た」という記事を見かけます。仕事を忌避してリタイアされている方々なので、ロクな夢でないのが普通。 そんな記事を読んで、私もいつかそんな夢を見るのだろうか・・・と思っていたら見てしまいました。御多分に漏れず…

若くしてセミリタイアするなら意志を強く持たなくちゃ

最近、次の記事がアップされました。 「サラリーマンは自由がない」30歳セミリタイアを目指す24歳にFPが言いたいこと – MONEY PLUS 30歳でセミリタイアしたいが、このままで達成できるのかわからなくなってきました。 (略) 目標としては資産が5000万程度に…

名もなき相撲力士の引退、その人生に切なさを感じる

今日から大相撲9月場所。 相撲界は完全なピラミッド社会で、番付上位力士だと、昇進にしろ陥落にしろ引退にしろ、華々しく扱われるのですが、下位の力士の情報はほとんど表に出てきません。 しかし、そんな地味な力士であっても、最近はその情報をインター…

リタイアするのに退職金以外にも考えておくべきこと

50歳リタイアを試みる際には、自社の「退職金」制度を確認しておくよう、私はオススメしています。私のリタイア資金についても、退職金に由来するものが、現有資産の何割かを占めているほど重要な位置づけです。 ただ、だからといって、退職金が多く出ていれ…

不労所得で生活するには2億2500万円!ええ~~っ!

今回は次の記事。 不労所得で生活するにはいくら必要? 今回は「不労所得だけで生活するには、現実的に考えていくら必要か?」について、具体的に解説していきます。 ◆ズバリ、必要資金は「2億2500万円!」 (略) 計算してみた結果、「不労所得だけで生活す…

「稼ぐ」のが面倒臭いのです、正直なところ

例のダイヤモンドZAiのアーリーリタイア特集について、分析動画がアップされており、その中で私も含めた一部のリタイア者について「早期リタイアの再現性は高いが、稼ぐ力が弱い」というような評価をされているとのこと。 私の場合、「稼ぐ力が弱い」という…

エンゲル係数に住宅費を加えた「青木係数」に注目(青木雄二氏考案)

自虐的に「俺、エンゲル係数が高いんだよなー」などと使われるほど有名なエンゲル係数。「消費支出に占める食費の割合」のことです。 しかしこの係数が提唱されたのは1857年のドイツだそうで、それから150年以上も経過した現代日本において、果たしてこの数…

コンビニ24時間強制は「独禁法違反」、深夜営業に行き詰まると潰れるしかないのをどうにかして、インフラを自称するなら

私が小学生の頃はコンビニなんて普及しておらず、飲食店でもなければ、多くは6時か7時頃に閉店するのが常で、それはデパートのような大型店も例外ではありませんでした。 なので、セブンイレブンの朝7時から夜11時までという営業時間でさえ、当時は衝撃…

リタイア決意後,実現までの辛い日々を乗り切る方法

私は44歳6ヶ月でリタイアを決意し50歳で実現。この間、ひたすらリタイアを待つ心境というのはなかなかツラいものです。この5年半もの間、私がどのように乗り切ったか、(ほとんど皆様の役には立たないでしょうが)書いてみたいと思います。 目次 ツライ理由 …