50歳で早期退職し、セミリタイア!

私セイルは50歳で早期退職、セミリタイアしました!その思いを綴ります。

【FIRE】収益「のみで」暮らそうとする理由とは?《後編》

 《前編》では、FIREというスタイルが、「収益のみで暮らす(足りなければ労働)」というのが前提になってしまっていて、(元本以上に)取り崩すという概念がほとんど現れてこない理由として、

  • 計画として「だけ」なら簡潔かつ完璧
  • 収支均衡思想~資産は減ってはいけない~

ということを挙げました。今回はその続きです。

 

 

 

元本取り崩しは、FIRE的には「ダサイ」

 FIREという言葉自体には、FI(経済的独立)を以て、RE(早期リタイア)するという以上のものは含まれていません。だから4%ルールというのは、FIREの単なる一手法に過ぎないと私個人は思っているのですが、FIRE界では、これがスタンダードなものとして祭り上げられています。

 しかも、「4%の利回りで運用し、引出額を元本の4%以内に抑えれば元本が減らない」という、考えてみればアッタリマエだが、もとの理論からは少々ズレている内容が、早期リタイアのことなど何も知らないFPによる無数のネット記事だけでなく、なんと天下のNHKで紹介される始末。

FIRE(ファイア)生活とは 投資と倹約 達成した人のその後 - NHK クローズアップ現代 全記録

この5,000万円のうち毎年4%、つまり200万円の利益があるとすると、これ以内で生活すれば、ためた資産を減らすことなく生活ができるということなんです。

 

 こうなると、「元本に手をつけたか、つけていないか」というのが、FIREが順調にいっているのか、いないのかの指標の一つと見なし得ることになります。

 特に、FIRE界で発信している人の多くは、投資(あるいは副業)でリタイア資金を稼いだ、という方が多いです。彼らにしてみれば、そこまで投資や副業の腕前がある(少なくともネット上ではそのように発信している)のに、元本に手をつけることを前提にしてリタイア計画を立てるというのは、FIREとしては不完全な行為、口幅ったく言えば、ダサイ行為と見なすのではないでしょうか。

 それよりは、むしろ資産を増やして自らの投資や副業の腕前をアピールしたいというのが、FIREを発信する者の心理ではないかと思います。

 

将来の見通しがきかない「早すぎる退職」

 FIREの4%ルールというのは、「生活費の25倍を準備する」ということとニアリイコールです。それだけの元手がある場合、概ね45歳以降のリタイアであれば、計画としては安心できるものになっていると思います。

 仮に運用しなくとも、単純計算で年金年齢の65歳以降までもつだけの資産です。年金の受給額もそれなりのものにはなっています。

 だから運用するなというのではなく、そのくらいの見通しが立てられて、初めて資産運用で暮らしていくという決断に妥当性が生じるものだということです(日本では)。

 インフレもあるだろうし、4%が必ず達成できるとも限らない。暴落の可能性もある。元本に手をつけるとことは想定しなくてはいけないことだし、そのためには上記に述べたくらいの見通しが最低限必要でしょう。

 しかし、FIREというものは、20~30歳台を主な訴求対象にしているフシがあり、30台半ばくらいでFIRE達成!みたいな発信も多いです。

 30台半ばで、年生活費の25倍という資産だけでは、年金年齢まではもたないし、受給額も少ないから、何十年にもわたり(下手すると死ぬまで)資産運用のウェートが大きい状況を続けていかなければなりません。

 それでも25倍確保していればいい方で、かなりの低資産でFIRE達成!とかやっている方もいます。

 こういう状況では、将来の見通しがきかないので、元本に手をつけるという想定は怖くてできないでしょう。まして、相場が下がっているときも、損を承知で4%分を引き出せる人がどれくらいいるのでしょうか?(防衛の預貯金を別途用意するなら損を避けることができますが、FIREのハードルは当然に上がります)。

 結局、資産が足りない状況でこの種のリスクに対応するためには、他の収入(個人事業や賃金労働)に頼ってでも、資産を保全していかなくてはなりません。この手の人生設計はサイドFIREとかバリスタFIREなどと呼ばれ、実践者もいます。ただ、それをどのくらいの年齢まで続けるのか?続けていけるのか?ということは、表には出てこないですが、非常に重いテーマのはずです。

 

まとめ

  • 計画として「だけ」なら簡潔かつ完璧
  • 収支均衡思想~資産は減ってはいけない~
  • 元本取り崩しは、FIRE的には「ダサイ」
  • 将来の見通しがきかない「早すぎる退職」

 これらは、私の想像であり、複数あてはまるFIRE者もいれば、全くあてはまらないFIRE者もいることでしょう。個々の事例について、あれこれ言うものではありません。

 ただ、FIRE志望者にとって、収益「のみで」生活するFIREはキラキラ輝いてみえるでしょうが、別の見方に触れておくのも有益なんじゃないかな?と思い、このような記事をアップする次第です。

 

↓ランキングに参加しています。この記事が気に入ったら、次のバナーまたはリンクのクリックをお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村

★初めてお越しの方へ。以下にて私のセミリタイアの概要をまとめてあります。
 ⇒50歳でセミリタイア達成!その概要を書きます  

PVアクセスランキング にほんブログ村

【FIRE】収益「のみで」暮らそうとする理由とは?《前編》

 FIREというと4%ルール。これを機械的に当てはめ「年間300万で暮らすには、最低7500万円ないといけない」と、あたかも投資の収益のみで生活していくことが当たり前のように語られます。

 でも、私は思うのです。

 「元本の7500万円はいつ使うの?」と。

 

 

資産運用の目的って?

 「収益のみで暮らす」、広く捉えれば資産運用の話だと思います。そして資産運用してると、どうしても手段が目的化しがちなとこってあると思います。

 そして、資産運用の目的は「使うべきお金を使った上で、死ぬまで困窮しない」ということだと思うので、それが達成できるのであれば、「収益のみで」にこだわる必要性って本来は無いはずです。

 だから、ある程度の(元本以上の)取り崩しも認める前提ならどうでしょう。例えば、年生活費が300万円とすると、7500万円もの大金を準備して、そのほとんどを運用に突っ込むなどしなくても、もう少し穏やかな資金・運用でいけるでしょう。

 もちろん、最初の頃は収益中心、年をとってきたら取り崩し中心といった、傾斜配分は行った方がよい。また、一般には高齢になると支出額は減るし、国民年金+厚生年金で年百数十万出るなら、資金繰りはそこそこ楽になるので、年金前と年金後で計算方法は変えた方がよい。あと、リタイアする年齢にもよっても変わってくる。

 という風に色々と考えることがあるはずなのですが、FIRE業界では

  • 生活費年300万のFIREするには、最低7500万円が必要
  • 足りない場合はサイドFIREとして不足分を稼ぐ

くらいで話が終わっていることがほとんどです。

 それは何故なのか、私の個人的な想像を、いくつかの項に分けて述べていきます。

計画として「だけ」なら簡潔かつ完璧

 「収益のみで暮らす(足りなければ労働)」って、その実現性はともかく、計画としてだけなら、こんなに簡潔でかつ完璧なものはありません。実際それが続けられるのなら、破綻することなど絶対にあり得ないのですから。

 この計画に従うなら、今後、高齢者になるまで、どう資産を使い、どう人生を過ごすかという長期的観点をオミットすることができ、その時その時の収支にのみ着目するだけでよくなります。これは発信者側には結構なメリットだと思いますね。

収支均衡思想~資産は減ってはいけない~

 収支という話が出ましたが、FIREというより、もっと根本的なところとして、日本人なら多くの人に染み付いているであろう収支均衡思想です。近い言葉に言い換えると「資産は減ってはいけない」という思想とでもなりましょうか。

 もちろん、自らの生活費に比べ貯蓄額が足りていない状態なら、それも然りなのですが、そうではなく、一般論として「銀行残高が年々減っていく」こと自体が、嫌とか心配とか怪しからん、とかそういう話。

 だから、それに伴い、

  • 通帳の残高が減るのが嫌で働き続け、死亡時に人生最大の資産額となる高齢者。
  • 仕事一筋で億単位を貯めた50代が、早期リタイアできるか心配で心配で、ネットのFPに相談する。
  • テレビが、「年金だけでは暮らしていけないなんて心配よね」みたいなことを、50代くらいの人に言わせ、放送して、年金行政の不信を煽る。

とか、色々な事象が発生します。

 

 そして、FIRE志望・達成者も、その自由なイメージの割には、このような収支均衡思想からは自由にはなっていない、むしろ普通よりも囚われている人も多いんじゃないか、と思うわけですね。

 大抵の人は、いくら「銀行残高が減る」のが嫌だからといって、あるタイミングで「残高が減るのもやむを得ない」という経験をします。

 家族がいれば、マイホームの頭金や子供の進学費用でガッツリ減るという人も多いでしょう。また、前述した「死亡時に人生最大の資産額となる高齢者」とは裏腹に、計画的に資産を取り崩して現に生活している高齢者も沢山いることでしょう(大体、老後資金なんて取り崩すためにあるんだよ!

 でも、FIRE志望・達成者には、このようなステージを経験していない人が多いと思います。むしろ増やすことに心血を注いできた人達です。その結果作った資産というのは、自らの努力の結晶です。それを(投資ではなく)消費するとなったら、一般人よりも保守的な姿勢になるのは、むしろ当然なのかもしれませんね。

 

***

 ブログ更新の負荷を減らすため、適宜、同一テーマ(以前だったら、一つの記事にまとめていたうような内容)を複数記事に分けていくことにします。

 

《後編の内容》

↓ランキングに参加しています。この記事が気に入ったら、次のバナーまたはリンクのクリックをお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村

★初めてお越しの方へ。以下にて私のセミリタイアの概要をまとめてあります。
 ⇒50歳でセミリタイア達成!その概要を書きます  

お久しぶり。リタイア後4年半の現状。

 50歳でリタイアして4年半、更新が途絶えて2年近く。もう覚えておられる方も少ないとは思いますが、たまには現状報告をしたいと思います。

リタイアは続いているのか?

 まず、もっとも重要な点として、「あのセイルってやつ、もしかしてFIRE卒業してねぇか?」という点があります。

 というのも、一時期、FIREなるものが熱狂的に一部で取り上げられ、「FIREをしない・目指さない奴は社畜」的な勢いを誇っていたものの、何故かここ一年くらい? 急速に「FIRE卒業」というワードに置き換えられ、今度はFIREについての悪口がトレンドになったりしてました。なんじゃそれ?

 でも、ご安心下さい(何を?)。この間、私、セイルは仕事は全くしておらず、今後もする気など全く起こりません。この生活はずっと維持していきます。

 

※なお、私自身、これまでFIREを名乗ったことは無いのですが、現在はその方が通りが良いみたいなので、今後このワードを使用することも検討中。

 

資産状況

 このように呑気なことを言っていられるのは、当然、資産の裏付けがあってのことです(少なくとも、自分ではそう感じている)。

 私は、他のリタイア者のように投資の才覚が無いので、運用資産は一部のみで、資産取り崩し型のリタイア計画です。

 私は定期的に資産の棚卸をしており、今年の1月(つまりリタイア後丁度4年)のタイミングで、リタイア当初より、現金ベースでマイナス500万円と言ったところ。要は、4年間で500万円使った、ということです。

 一方、運用資産は増えているので、総資産ベースでの減りは、もう少し少ないです。

 生活費は妻と折半なので当然かもしれませんが、インフレだ不景気だと言っている割には、資産の減りが少ない。インフレは今後も続くとは思いますが、現在保有している資産、および年金を考慮すれば、影響は無いだろうと踏んでいます。

 あと、東京都内に持ち家一応ありますし(でも、めっちゃ西の自然豊かな場所)。

 

趣味

 コロナで、趣味の合唱が事実上できなかったのですが、一年ほど前から再開し、月一回の合唱団に2つ入っています(よって、月計2回)。演奏会にも一応出演しました。

 あと、以前は数学(特に代数学)をやっていましたが、最近は漢文を読んでいます。

 

当ブログについて

 実は当ブログ、更新が途絶えてからも、毎日、数十程度(月当たり1000以上)のアクセス数があったのですよね。

 「50歳前後でのセミリタイア」というのは、「30歳でFIRE達成!」に比べると地味ではありますが、リタイアということを、一時の流行りに乗るのではなく、真剣に考えている人にとっては、それなりに需要あるテーマだとは思うんですよね。

 そこで、当ブログ、今後しばらく、月1~数回程度で更新していけたらな、と思っています。

 

↓ランキングに参加しています。この記事が気に入ったら、次のバナーまたはリンクのクリックをお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村

★初めてお越しの方へ。以下にて私のセミリタイアの概要をまとめてあります。
 ⇒50歳でセミリタイア達成!その概要を書きます  

1円のためスーパーに30分かけて行くヤツ⇒そんな奴おらへんやろ~

 麻木久仁子さんが、TV番組の企画内で「1円のためスーパーに30分かけて行く」ことを批判したのが、一部で議論になっているそうです。

麻木久仁子“1円のためスーパーに30分かけて行くヤツ”「時間とお金の無駄」発言の是非(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース

「節約派・浪費派」に分かれ、それぞれの主張をぶつけ合う企画。浪費派という麻木は先の放送で「1円の(節約の)ために30分かけてスーパー行くヤツ」とし、こんな持論を展開した。

 (中略)

「スーパーは雑貨とか食料が集まって、効率よく買い物できるのが一番いいところ。それなのに、いろいろとちらしやスマホを見て、あっちの卵が50円安いとか、こっちの方が5円安いとか。何軒もはしごしている。(略)」

 言わんとすることは分かるのですが、現実問題、「1円のために30分かけてスーパー行くヤツ」なんて、節約派の中でも少数派ではないかと。大木こだまひびき風に言えば「そんな奴(ほとんど)おらへんやろ~」という感じ。

 


 《東京都青梅市》

大抵の"節約派"は、総合的に判断して合理的に行動していると思う

 もちろん、“1円のためスーパーに30分かけて行くヤツ”はゼロではないですよ。あの厚切りジェイソン氏がそれに近い行動原理のようで、1円でも安く買うために、遠いスーパーにも行かれるようです。

ジェイソン「700円のコーヒーを飲む人はバカ。1時間多く働かないといけないなら僕は飲まずに1時間の自由な時間が欲しい。」 [585351372]

厚切りジェイソン:ケチというか、もう習慣になってるから気にならないだけです。自動販売機で飲み物を買わないとか、
僕は散歩が好きだから、2km先の業務スーパーまで行って1円でも安い物を買います。物を買うときは必ず数箇所のものの値段を見ますよ。
その場でパッと買うというのはないです、一切。どうせ同じものなら安いほうが良いでしょ?

 まぁ、この方が2km先に遠征するのも、散歩を兼ねてというようですし、業務スーパーには、色々と安いモノ・独自の商品が揃っているので、本当に1円を節約するためだけに行っているとは思いにくいのですよね。

 別のスーパーに行くと、値段以外にも、品ぞろえが違ったり、豚肉なんかでも、店によって何となく感じが違っていたりするので、食卓のバリエーションが増えて、節約に留まらない効果がある。こういうのは、日常生活を工夫していくと見えてくる事実

 だから、普段は、同じスーパー内でなるべく安い商品を買うくらいの私ですが、遠くのスーパーに敢えて行くことも、たまにはします。

 多くの"節約派"の皆さんは、このように、節約額と労力、その他の効果などを総合的・合理的に判断して、近くで済ませるのか、遠征するのか決めているわけです。

 絵に描いたような超節約、例えば、醤油が切れたのでとにかく醤油だけ買い足したいときに、わざわざ30分先のスーパーに1円安い醤油だけを買って、とんぼ返りするような、機械的・硬直的な行動をされている方は、かなり例外的な存在ではないでしょうか。

"浪費派"の思い描く"節約派"

 しかし、節約というテーマで話題に挙がりやすいのは、その「例外的な存在」なんですよねぇ。テレビなんかは、インパクトを重視するからか、「1円のためスーパーに30分かけて行くヤツ」とか「節約の達人」みたいなステレオタイプな事例を取り上げる。

 確かに、そういう極端なケースを引き合いに出すと、一見分かりやすいのですが、現実からはかけ離れた議論になりがちなんですよね。

 まぁ、これが「浪費派」の思い描く「節約派」なのかもしれないし、その逆も然りなのかもしれません。

時給換算で損な買い物など、多くの人がやっているのでは?

 社会学者の古市憲寿氏はこれに同調しこう言った。

「その人の時給は2円ってことになりますよね。お住まいの都道府県の最低時給を見てください、その時間働けばいい」

 これに納得してしまう方も多いかもしれませんが、個人的には「じゃぁ、あなたは時給換算で損な買い物は全くしないの?」と言いたい。

 例えば、ネット通販

 あれも、コスパの良いものを買おうと色々ネットで調べていると、結構、時間を食うものです。最初から、どの商品を買うかピンポイントで決まっているならば、価格.comで調べて一発・・・ということもありますが、一般にはそうはいかない。

 価格.comに載っていない商品もあるし、どの商品を買うかピンポイントで決まっていなければ、まずは似たような膨大の商品から選定していくのが大変。

 売れ筋を適当に選ぶなどすれば、大外れしないものが10分程度で選べるのに、様々な通販サイトをハシゴしながら、あれでもない、これでもない、と悩んでいたら、何時間も(下手すると)何日も経過していた、それでコスパの良いものを買えたとしても、時給換算でいえば、最低時給以下だったなんてことも、結構ありがちではないかと。

 別に、このことが悪いと言っているのではなく(私だってやっていますし)、ただ、時給換算で損な買い物など、意識していないだけで、多くの人がやっていることではないのか?ということです。

 だから、時給換算で損な行動を無意味・愚かみたいに一刀両断するのは、一見賢いようでいて、人間に関する洞察の足りない、どこか底の浅い理論な感じがする。社会学者にしてはお粗末では?などと思ってしまいました。

 

時間とお金の関係については、過去記事もご覧ください!

50retire.hateblo.jp

 

★初めてお越しの方へ。以下にて私のセミリタイアの概要をまとめてあります。
 ⇒50歳でセミリタイア達成!その概要を書きます

FIREブーム終焉?むしろこれからが本番!

 最近、投資環境の様子が思わしくないからなのか、「FIREブーム終焉!」的なことが言われることがあります。特に、本国のアメリカではインフレにより、退職済の方も生活プランの見直しを迫られているのだとか。

FIREブームの終わり。仕事を見つけないと、これから生活できない!6月米雇用統計 詳細レポート | トウシル 楽天証券の投資情報メディア

 FIREブームが始まった時は、これほどの急激かつ大幅なインフレを想定していなかった。それだけではなく、FRBの利上げの副作用で、FIREの資金源であった株式投資の収入まで不安定になっています。いったんは退職した人たちも、生活プランを大幅に見直しする必要に迫られ、再び働き始めるようになったのです。

 まぁ、それでもFIRE志望者の方は、むしろこれからが本番!と構えて、頑張って下さい、という風に思いますね。

 


 《東京都西多摩郡日の出町:多摩川水系北大久野川の上流端標識》

FIREに「ブーム」という言葉はそぐわないと思う

 私がこれまで違和感を持っていた言葉に「FIREブーム」というのがあります。

 ブームというのは、一時的な盛り上がりに対していう言葉。そして、その対象がポケモンGOやタピオカなのであれば、一時の盛り上がりというのも当たっています。

 しかしことFIREに関していえば、ポケモンGOやタピオカとは違う性質を持っています。

 確かに、FIREをした人・目指す人が増えると、表面上、一時的には盛り上がるので、端からみると「ブーム」に見えるのでしょう。しかし当人からすれば、FIREというのは目指してから死ぬまでの超長期戦のはずであり、一時の流行り廃りで、やったりやめたりするもんでは、本来ないはず。

 ブームであろうと、ブームでなかろうと、地道に資産管理を行って地道に生活していく、という、地道な活動を何十年も行っていく、というのがFIREの本質だと、私は思っているので、ブームという言葉はそぐわないかな、と思うのです。

ブームが終わって本来の在り方に戻ることを期待

 まぁ、私は、FIREが盛り上がっているのは、一部の限られた人々の中であり、ブームと呼べるほどのものではなかった、と思ってはいますが、一方で、FIREというものが本来の在り方以上に広がり過ぎているような気はしています。

 例えば、

  • ○○FIREの言葉がやたらと量産されるとか
  • 金融商品や投資本の売り文句にFIREを使ってみたりだとか
  • FIREセミナーみたいなものが出来たりだとか
  • 著名人や新聞までがFIREを扱ってみたりだとか
  • やたらとキラキラ描かれたFIRE像に、FIRE反対論者が異を唱えているとか
  • 入金力に欠ける人が、極度の節約とバイトで食いつないでいる状態をFIREと自称してみたりだとか
  • 「金融リテラシーの低い日本人」を嘆く意識高い人々が多く発生したとか

 こんなのはみんな徒花もし、本当にFIREブームが終わるのであれば、これらの徒花は少なくなり、本来の在り方に戻るのでは?という風に期待しています(まぁ、少しは残るでしょうが)。

FIREはこれからが本番

 一方、本当に、キチンとFIREを目指したり、あるいは早期リタイア生活を始めている人にとっては、むしろこれからが本番ではないか、と思うんですよね。雑音が少なくなって、やっと等身大のFIRE生活というのが見えてくると思いますし。

 バブル経済の頃、フリーアルバイター(現在でいうフリーター)なる人達が現れました。彼らの発想は「正社員で拘束を受けることなく、自分の好きなことをやって暮らしていこう」というものであり、現在のバリスタFIRE等と変わるところはあまりありません。FIREなんて、名前以外は取り立てて新しいモノではないのです。

 しかし、バブル崩壊とともに、そのフリーアルバイターは凋落してしまいました。私は、この時代に、丁度、学生⇒新社会人だったので、彼らの持てはやしぶりと、その後の凋落について直接知っています。だから、最近のFIREの徒花の繚乱ぶりについて疑問を持っているのです。

 ただ、バブル崩壊・フリーアルバイターの凋落に比べれば、最近の株価の下落など大したことではありません。むしろ、行き着く所まで行ってから大暴落するのでなくて良かった、とポジティブに捉えるべきだと思います。

 FIRE志望者の多くが求めているのは、上記のような徒花ではなく、「地道に資産管理を行って地道に生活する」ことであるはずで、そのためにはどうすればよいか、再検討するいい機会ではないかと。

  過去記事より。

米国株暴落でFIREの難易度が上昇したというが・・・ - 50歳で早期退職し、セミリタイア!

 気になったのは「難易度が急上昇」という文言。動画では、いくつか上昇原因が挙げられており、株価下落のほか、金融所得等への課税強化や副業の環境悪化など。

(中略)

 FIREというものは、本来そこまで考慮に入れて計画するべきだと思うので、このくらいで「難易度が上がった!」と発想すること自体が間違っているような気がするわけです。

 これに付け加えていうならば、この程度で「FIREの難易度が上がった!」とかおっしゃる方は、上記のような徒花に乗せられ過ぎだと思うんですよね。

 「FIREの難易度が上がった」のではなく、「もともとこのくらいの難易度だった」と思って、FIRE界から去っていくのか、計画を見直してFIRE界に居続けるのか、検討すれば良いのでは?と思います。別にFIREが不可能な世の中になったとは思いません。

 

★初めてお越しの方へ。以下にて私のセミリタイアの概要をまとめてあります。
 ⇒50歳でセミリタイア達成!その概要を書きます