50歳で早期退職し、セミリタイア!

私セイルは50歳で早期退職、セミリタイアしました!その思いを綴ります。

会社勤め

潮時と引き際、そしてセミリタイア

ネット編集者の中川淳一郎さんが、近々セミリタイアする、という記事を見つけました。 president.jp この記事では、「引き際」「潮時」という言葉が出てきます。そう、大抵の仕事には引き際や潮時があり、それがやってきたからセミリタイアするのだと。 私も…

自粛生活がよかったという人々、マスコミには登場しないが存在する

― 自粛はツライもの、みんなで乗り切っていかなくては! ― 自粛が明けた、みんなに会えて嬉しい! マスコミで紹介される「声」は、ほとんどこんな感じ。全体を代表する意見としてはそうなのかもしれないけど、自粛生活が心地よくて、終わって欲しくない人も…

コロナで"満員電車での通勤"は改善されるのか?

満員電車が嫌だという風潮は前からありましたが、コロナ以降、テレワークやら在宅勤務やらで、その風潮が更に加速してきました。 例えば、次の記事などがその一例です。 目次 満員電車は主要な感染源ではない、日本においては それでも満員電車は避けるに越…

リタイア後はまとまった時間をとれる!このことの意味は大きい

リタイアして何が良かったって、 労働の苦役をしなくて済む。 まとまった時間を、自分の好きなことに充てることができる。 の2点。 今回は、2点めの「まとまった時間」について述べてみましょう。 目次 平日は「細切れ時間」しかとれない社会人 細切れ時間…

ポスト・コロナ。テレワークが進んだ先に見える社会は?

新型コロナウィルスは黒船です。黒船が去ったあと(ポスト・コロナ、アフター・コロナ)、世の中はどう変わるのか、早くも多くの人が様々な予想を立てています。 私も、以前、そのような記事を書きましたが、今回はその続編です。 目次 スペイン風邪のときと…

緊急事態宣言の今後 ~"お上"と"右へ倣え"の狭間で揺れる企業達~

私が会社勤めしていたとき、企業というのは「お上(政府)」と「右に倣え」に弱いな~、と思っていました。 そうようなことは色々とありましたが、在職中に劇的だったのはクールビズ。 最近でいえば、4月上旬に出された緊急事態宣言。 目次 クールビズのと…

コロナは大丈夫かと退職した会社を心配してしまう心理

私は先の1月31日に会社を退職し、リタイア生活に入っているので、前の会社が今頃どうしているかなど、気にしたところでどうしようもない立場です。 でも、何故か心配してしまうんです。 「今頃、会社ではどうやってコロナに立ち向かっているだろうか。大丈夫…

都心に住めばエンドレスで仕事に没頭できる!

こんな記事を見つけました。 「お金持ちを目指す人は、自分なんかとは、頭の構造が違うんだな~」 と、うつろな目で言いたくなってしまいますね。 目次 記事の概要 終電を気にせず、エンドレスに仕事ができます! 仕事中毒者同士の親睦が深められる 仕事のた…

テレワークなんて今さら無理!企業たちの苦悩

新型ウィルス感染防止のため、テレワークや時差出勤などという単語が俄かに脚光を浴びています。 でもこれらのこと、随分と昔から言われてきたのに、産業界は腰が重くて、つい一ヶ月ほど前までは、本気になって考えていた人々はほんの一部ですよね。 それが…

クルーズ船。現場担当者の悲哀、身につまされる思い。

岩田氏がクルーズ船内の対応を「告発」した件について、色々と論じられていますが、マスコミにはあまり出ていない情報もあるようです。 目次 正しいことを言うにも言い方はある 現場の人達には頭が下がる 頭ごなしに問題点をあげつらわれると悲しい気持ちに …

「働かない中高年」と叩かれる前にセミリタイアする

「働かない中高年」というのが結構話題になっているみたいで、最近、次の記事を見つけました。 《東京都青梅市》 「働かない中高年」といっても、最低でも、次の2通りがあると思います。 真の意味での働かない人(一日中新聞を読んでいるだけなど) 働いて…

新型ウィルス、これでも仕事を休めない実情

新型ウィルスで世の中大騒ぎ。とうとう厚労相が「発熱など風邪症状があるなら会社や学校を休め」と発言するまでになりました。 私個人はリタイア済なので、厚労相に言われるまでもなく、家で大人しくしていますが、大抵の人はそうもいかないこともあるでしょ…

最終出社日。お菓子を配りまくりました。

27年ほど前の4月1日、私はある会社に新入社員として初出社。この日のことは今でも昨日のことのように思い出せます。 そして先日1月31日、とうとう最終出社日を迎えました。長らく勤めてきた会社を退職し、新たな人生フェーズを迎える記念すべき日。初出社日…